次世代住宅ポイントを獲得する条件とは?交換できる商品も紹介

白い洗濯機

多彩な商品と交換できる次世代住宅ポイントを獲得しよう

ミシン

これから住宅のリフォームを行ったり、新たに取得する予定があるなら、生活必需品の中で特に欲しいものは何か、並行して考えておくといいかもしれません。それというのも、省エネ性能を強化ないし備えた住宅や、バリアフリータイプの住まい作りをすれば、多種多様な商品と交換できる次世代住宅ポイントが付与されるためです。次世代住宅ポイントの交換サイトを利用して入手可能な商品のラインナップは大変多彩で、食品、インテリア、防災用品に避難用品、日用雑貨品に家電製品等、普段の生活で必要性の高い利便性の高いアイテムが沢山あります。特に、住宅取得によって発行される次世代住宅ポイント数は高く、交換サイトで交換できる商品も、その分高額なものを選ぶことが可能になります。例えば、食品の中でも、特にランクの高いものを選んだり、インテリア用品でも高品質なもの、有名な製品を選んで交換することができます。取得した住宅のクオリティに見合った高級家具類を、次世代住宅ポイントとの交換でお特に入手できるかもしれません。マイホームを取得する予定がある、リフォームしたいところがいくつかあるなら、このチャンスを逃さず、是非、次世代住宅ポイントをフルに活用してはどうでしょうか。

次世代住宅ポイントが付与される条件について

消費税増税に伴う住宅購入価格の高騰による買主の経済的損失を補い、また購買意欲の低下を防ぐ目的で創設されたのが次世代住宅ポイントです。付与されたポイントは、次世代住宅ポイントの交換サイトを利用するなどして、家電製品や食品などにお得に交換する事が出来ます。ただし、住宅を購入すれば必ずポイントが付与される、という訳ではありません。まずポイントが付与されるのは、新築の注文住宅の建築と新築の分譲住宅の購入、そして住宅のリフォーム工事となります。新築については注文も分譲についても、自らが居住する事が第一の条件になります。その上で耐震性やバリアフリーなどの特定の性能を有しているという事が条件になります。一方のリフォームは住宅であれば自らが居住しなくてもポイントはもらえます。エコ住宅設備の設置や耐震改修等の特定の工事を行うと、それぞれに定まったポイントが用意されていて、合計したものが付与される形になります。新築の場合には上限が最大35万ポイントで、リフォームは条件が重なると最大60万ポイントです。契約してからその条件では次世代住宅ポイントが利用できないという事が判明しても遅いので、契約前に業者によく確認を取ると同時に、自分自身でも個別に細かい条件などについて調べ、問い合わせるようにしておくと安心です。

次世代住宅ポイントの有効活用について

一般の方々の感覚では住宅と言えば一生で最も大きな買い物です。消費税10パーセントのタイミングで住宅を購入した方々、それも省エネやバリアフリー性の基準を満たした住宅を購入された方は、間違いなく次世代住宅ポイントの活用を情報として得ているはずです。そして、申請期限そのものは令和2年3月30日です。実際には次世代住宅ポイントの交換サイトを利用して、利用可能な商品に交換することが必要になってきます。様々な交換が可能になっていますが家電製品、キッチン商品、またはビール、食料品なども対象になっています。幅広い交換商品がありますので、まずは次世代住宅ポイントの交換サイトを利用して、どのような商品があるのかをチェックしてみましょう。自らのライフスタイルを見ながら、今足りないものを交換サイト経由で入手するのが最も有効な活用方法です。様々な商品がラインナップされていますので、次世代住宅ポイントを有効活用して、本当に必要な物を検討してみてください。まだまだ、時間はあると言いながらも駆け込み需要で、交換サイト経由で利用できる商品が在庫不足になる可能性もありますので、家族の身の回りの環境を確認しつつ、早め早めに対応したほうがお得です。

おすすめの次世代住宅ポイント交換サイトは【京王百貨店(セレクチュアー)】です。非常に豊富な商品を選べるようになっています。種類に合わせた検索もできるので、とてもお手軽です。

News